フォレスターはコスパ効果が最強 | リヤタワーバー

コーナーが軽く曲がれるようになったような。後ろがカチッとなんった、走りやすくなっていい感じです!。【取り付けやすさ】他の方も書かれていますが、追加ボルトを止めるプレートの使用方法が、説明書では白黒の写真でわかりにくいです。

いまオススメの商品!

2017年10月06日 ランキング上位商品↑

リヤタワーバー フォレスターBeatrush リヤタワーバー スバル フォレスター[SJG・SJ5] 【送料無料】  * LAILE レイル

詳しくはこちら b y 楽 天

スチロールのブロックをカットするのが少し面倒です。メーカー;レイルの「Beatrush リヤタワーバー スバル フォレスター[SJG・SJ5]用」ですこの商品の利点は、「ラゲッジボード下に隠れる」=トランクが通常通りに使用可能なんです但し、サブトランクボックス(発泡スチロール部分)の切削加工が必要ですけど個人的には、タダの切削だけではなく、タイヤの取り出しを考慮して、2分割しようかと思案していますフロントやロアアーム等の補強バーは、どれでも特に問題ないですがリアタワーバーは、他社の物はフロア上に飛び出て邪魔になります。少し残念なのは,取説をもう少し工夫してみてはと思いました。【デザイン】良い【取り付けやすさ】ゆっくりやって1時間【軽さ】結構軽い【補強効果】劇的ではないが、リヤの揺れのおさまりが良くなった【その他】カット方法をカラーにするか、モノクロであれば濃さをもう少しおとしたほうがいいです。#そのままでサブトランクボックスが外せるようになります。これならフロア下に全ておさまり、荷室がそのまま使用できます。正直不愉快です。取り付けの際、スチロール加工がチョッとめんどう。ただ!取り付けの説明書はほとんど役立たないので!少し改良の余地があるかとおもいます。ボディのカタカタ感も若干改善されたとお見ます。取り付け、加工と正直いろいろ問題がある商品ではないでしょうか?もし改良して貰えるのなら取り外すので改良して欲しいくらいです。【補強効果】フロントにもタワーバーを装着しているのですが、カーブではフロントだけ若干突っ張った感じがしていましたが、この製品を装着することにより、フロントとリアでバランスよくロールしている感じがします。またサブトランクの加工も説明書通りにやっても左側のスチロールの頭部分が下と干渉してしまうので結局左側のスチロールは先っぽを全部切り落としました。それさえ気づけば取付は非常に簡単です。なにより荷室を犠牲にしない点が良いです。サブトランクボックスの加工に割と頭を使うんです。リアタワーバーを取り付けたくていろいろ調べてクスコにしようと思ったらレイルからサブトランクに収まるリアタワーバーが発売されると分かったのでこのタワーバーを購入しました。リヤの剛性が上がった感じがします(^_^)【デザイン】他社の商品では荷室が犠牲になるため!このような商品を待ってしました。写真のように切削加工するときれいに収まるのは事実ですが、バーを外さないとスペアタイヤが取り出せなくなります。ラゲッジスペースを潰す事なく使用できるので便利。サブトランク加工の煩わしさを除けば!取り付け自体は簡単です。商品注文後,2日後には到着しました。商品ページのカラーを参考にした方が良いです。スチロール加工が無ければ5星ですね。費用対効果の大きい商品だとおもいます。バー自体の取り付けは説明書もあり解りやすかったですがサブトランクの加工説明が白黒なので解りにくいです。なので!私はスペアタイヤを出すときに干渉する部分を切り離して2パーツ構成にしました。取り付け後、リアが流されることなくしっかりついてきてる気がします。商品を確認しましたが,特段問題なく後は取り付けのみです。これってホントに合うのでしょうか?ステーとボルト穴が5mm位ズレててボルトを締めようにも締めれません。物自体は取り説通りに問題無く簡単に付ける事が出来ました。(写真をカラーにする等)追記発泡材の加工に若干戸惑いましたが!問題なく取り付けられました。車体側の裏側からプレートをセットして!最初はプレートを指で押さえながらボルトを締める必要があります。取り付け後はカーブでリアが付いてくるのを体感できました。【その他】この値段なら!取り付けをお勧めいたします!クスコのタワーバーは荷室に飛び出すタイプですがこのタワーバーは荷室に収まるので剛性アップと荷室を問題なく使えるを両立出来るのでかなりお勧めです。【軽さ】アルミなので軽さは問題無いと思います。スペアタイヤは出しにくいですが!通常使いませんので問題なしです。しかしタワーバーと車体をとめる6角用のステーが2個ともタワーバー側の取り付け穴と合わず結局ステーとボルトを取り付けるのをやめました。なお、スチロールの切削にはオルファのプロ用内装カッターがお勧めです。取り付け後は!カーブでリアがしっかりついてくるようになりました。リアの変なヨレが無くなりしっかりリアが付いて来る感じで良いです。そうすると少し引っかかりますが!バーの取り外しなしでスペアタイヤが取り出せるようになります。私は!加工がめんどうなのでスチロールを大幅カットしてタワーバーを取り付けました。私はバー下で2分割にしてスペアタイヤを取り出し易くしました。【補強効果】思ってた以上にあると思います。普通に置くだけではボルト穴がずれて一瞬設計ミスかと勘違いしてしまいます。タイヤの取り出しが出来るようにラゲッジ部のスチロールを2分割し、さらにバーを通す穴を切削して出来るだけバーが見えないようにして取付しました。【デザイン】いたって普通のタワーバーですが!ピカピカに輝いていて綺麗ですね【取り付けやすさ】ボディーに取り付けるのは!ボルトオンで簡単ですが・・・サブトランクの発泡スチロール加工がたいへんでした。私的には挙動が解りやすくなって、走りやすいです。忙しかったのでお世話になっている工場に取り付けを頼みましたが、結果的に頼んで正解でした。